汗をかく

脇を嗅ぐ男性

呼吸、排泄、睡眠、代謝、あくび、おなら、などの行為は、人間である生理現象として、必ず起こるものです。
汗もその生理現象の1つです。汗をかくことによって、体温調節をすることができます。
しかし、多汗症の場合は、必要以上に汗をかいてしまいます。通常の人よりも汗をかいてしまうので、汗がコンプレックスという人も少なくありません。
一般的に汗が増える状態というのは、激しい運動をした時、緊張をした時、不安がある時などです。
多汗症は、このような状態とは関係無く、自律神経の失調によって発生する病気です。
人よりも汗が多いからといって、多汗症と決めつけることはできませんが、日常生活に支障をきたす場合は、病気と判断することができます。

多汗症は、全身性多汗症と局所性多汗症の2種類に分けることができます。
全身性多汗症とは、名前の通り全身の汗の量が増えるというものです。局所性多汗症とは、体の一部分だけ汗の量が増えるというものです。
このように体の部位で、分類することもできますが、原因がある物と原因不明の物で分類することもできます。
先端肥大症、パーキンソン病、脳梗塞、甲状腺機能亢進症などの病気が原因となるものを、続発性多汗症といいます。
原因がある場合もあれば、原発性多汗症のように原因が分からない場合もあります。ただ、その場合は、常染色体優性遺伝の可能性があります。

局所性

医師に相談する

汗は体温調節をするために必要不可欠なものです。ですから、まったく汗をかかないというのは危険な状態でもあります。逆に、汗をかきすぎるというのも、病気の1つなのです。
局所性多汗症の場合は、多汗症の部位によって病名が異なります。それらの把握が必要です。

» 詳細を確認する

発汗

多汗がきになる女性

汗は体温調節をするために必要不可欠なものです。ですから、まったく汗をかかないというのは危険な状態でもあります。逆に、汗をかきすぎるというのも、病気の1つなのです。
局所性多汗症の場合は、多汗症の部位によって病名が異なります。それらの把握が必要です。

» 詳細を確認する

治療

看護師

日常生活に支障をきたすほど、汗をかく場合は、多汗症の治療を受けた方が良いです。多汗症を治療する方法は、様々あります。どの方法にもメリットがありますが、注意点もあります。
それらの方法を知り、細かく把握することで、改善に向かうことができます。

» 詳細を確認する

改善

ガッツポーズの医師

多汗症の人は、自分が多汗症となっている原因を知ることがとても大切です。その原因を改善することが、多汗症を改善する一番の近道なのです。
多汗症の大きな原因は、ストレスや不安などの精神的な問題です。自分の原因を探ることから始めるといいでしょう。

» 詳細を確認する