発汗

多汗がきになる女性

通常の人よりも汗を大量にかくからといって、多汗症と決めつけることはできません。
多汗症を予防、対策するためには、汗に関する知識を持っておく必要があります。知識を持っておけば、自分の汗が、体温調節のためなのか、多汗症の物なのか判断することができます。
汗というのは、無意識の内に出るものですが、どういう時に分泌されるのか、というのは決まっています。
汗には、精神性発汗、味覚性発汗、温熱性発汗の3つがあります。

体温調節をするためではなく、緊張や不安がある時にかく汗のことを、精神性発汗といいます。
緊張や不安などの精神的な問題、心理的な問題が原因となり、自律神経のうち交感神経が活発になります。そのため、エクリン腺から汗が分泌されるのです。
冷や汗をかいたり、大勢の人の前に立って話す時に手汗をかいたりするのは、精神性発汗なのです。
この発汗は、多汗症とは関係なく、誰にでも起こるものですからあまり問題はありません。しかし、この精神性発汗が過剰すぎると、多汗症と判断することができます。
精神性発汗は、一部分だけが発汗することが多く、特に掌、足の裏に汗をかく場合が多いです。

辛い物を食べたり、辛い物を飲んだりした時に、発汗神経が刺激されて汗をかくことを、味覚性発汗といいます。
辛い物を食べたら、発汗神経が刺激されるので、エクリン腺から汗が分泌されます。
この発汗は、辛い物を食べたら誰でも起こることです。しかし、この場合の発汗が過剰の時には、味覚性多汗症と呼ぶこともあります。
味覚性発汗は人によっても、汗のかく量の差が大きく、辛さに慣れていない人は大量に汗をかき、辛さに慣れている人は、少しの辛さなら発汗しなくなることもあります。
また味覚性発汗は、温度の高い所の方が発汗しやすいという特徴があります。
熱い物を食べた時に汗をかくのは、体温調節をするための発汗です。そのため、温熱性発汗とされています。
辛い物だけではなく、酸味のある物や肉類などの食べ物も味覚性発汗が出やすいです。
人によっては、特定の食べ物を食べた時に汗をかくこともあります。

夏のような気温が高い季節には、激しい運動をしなくとも汗をかくことがあります。これを、温熱性発汗といいます。
温熱性発汗は、体温が上がるのを防ぐ役割をしていて、体温調節のために、エクリン腺から汗が分泌されます。
汗が出る汗腺は、自律神経によって調整されています。その自律神経と関連しているのが脳の視床下部です。この部分は、体温を37度で維持するようにと命令しているのです。
体温が上がると、その命令によって汗を分泌させて、体温を調整しています。自律神経の働きが低下してくると、温熱性発汗ができなくなるので、熱中症になってしまうのです。
気温上昇、運動をした時の体温上昇、食事をした時、などに温熱性発汗が起こります。食事の時に発汗をする人は、汗をかいてエネルギーとして燃焼しているので、太りにくいといわれています。
味覚性発汗や精神性発汗は、体の一部分から発汗することが多いのですが、温熱性発汗は体全体から発汗します。