局所性

医師に相談する

多汗症は大きく分けて、全身性多汗症と局所性多汗症の2つに分けることができます。
局所性多汗症の場合は、部位によって、病名が異なります。
掌から多く汗がでる多汗症のことを手掌多汗症、足裏の汗の量が多い多汗症を足蹠多汗症、脇の下から多く汗が出る多汗症を腋窩多汗症、などといいます。
そのほかにも頭部多汗症や、顔面多汗症などがあります。
多汗症を治したい、という場合はまず自分がどの部位が一番汗をかくのか判断する必要があります。

全身性多汗症よりも、局所性多汗症の患者数が圧倒的に多く、コンプレックスや悩みを持っている人も多いです。
通常汗をかくことによって、体温調節の役割を果たしているのですが、この場合は心の変化が大きく関係しています。
興奮状態であったり、緊張であったり、ストレスなどの、精神的な事が問題となっているので、治療するのは簡単ではありません。
また、手足、顔面、頭、脇などの一部分が大量に汗かく場合は、自然に治るという可能性は非常に低いです。
手足や顔面、脇などから、大量に汗をかくと、日常生活にも支障をきたす場合が多いので、治療した方が良いです。
人によっても、程度は異なるので、軽度の場合は治療が必要ないこともありますが、汗がしたたり落ちるほど大量に出るという場合は、治療の必要性は高いです。